店舗デザイン

クロス・フロアタイル・仕上工事 | エステサロン | 神戸・明石

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クロス下地処理

前回の軽鉄・ボード・間仕切工事 | エステサロン | 神戸・明石に引き続き工事途中の風景です。

天井や壁面の間仕切り工事が終われば、次は装飾部材の取付工事に入ります。今回の内装イメージはクラシックスタイルなので装飾部材の使用が多く、この工程に時間を取られました。本当は写真でお伝えしたかったのですが、撮り忘れました…。装飾部材の取付が終わるといよいよ仕上工事です。

クロス下地処理
これはパテ処理をしている写真です。パテ処理とは石膏ボードのジョイント部分やビス穴を埋めて平滑にする作業のことです。このパテ処理が仕上をする上で非常に大切な工程になります。パテ処理が不十分だとクロスのひび割れや亀裂に繋がりますので、非常に丁寧で高度な技術が求められます。

 

パテ処理
こちらもパテ処理をしている写真です。エントランス部分のアーチ枠や装飾モールの取付も終わってます。今回はタイルや塗壁の仕上げがなくクロスのみの仕上げになります。

 

クロス・壁紙貼
こちらは仕上前のボディルームです。正面には厚みのあるモールでアイキャッチとなるよう額縁風に装飾しています。両サイドの壁も遊び心を持たせるために細い装飾モールでクロスを貼り分けます。

 

パテ処理
こちらは仕上前のパウダールームです。すでに造作家具が設置されており、収納棚の両サイドにミラーが取付けられる予定です。

 

仕上工事は店舗出来栄えを大きく左右する工程でもありますので、可能な限り時間をかけ慎重かつ丁寧に進めています。
今回はパテ処理の作業中の写真しかなく仕上の工程の写真がありません…申し訳ないです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
trico