店舗デザイン

店舗デザイン・設計・内装工事 | エステ・美容室 | 芦屋・西宮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
芦屋のエステサロンの通路

6月から芦屋市で工事していた会員制の女性専用エステサロンが先日ようやく竣工を迎えました。
ご依頼から引き渡しまで3ヶ月とタイトなスケジュールでしが、出来上がりもよくお施主様にも大変喜んで頂きました。

芦屋のエステサロンの現地調査

こちらが現地調査した時の様子になります。JR芦屋駅からも近く綺麗なテナントビルの3Fとエステサロンに適した大変良い物件です。物件の広さは20坪でスケルトンではなく、現状の引き渡し(天井と外周のボードが残ってる状態)となりました。スケルトンに比べコストの面でも工期の面でもメリットになります。既存のエアコンは室外機置場のスペースの問題で再利用できず、マルチタイプを新設することになりました。

芦屋のエステサロンの現場調査

入口正面には手動の排煙口が設けられております。排煙口は火災時に発生した煙を屋外に排出する役目があるので、電気温水器やシャワーユニットなど天井まで壁で塞がないといけない箇所はここを避けて設置しないといけません。

エステサロンの平面図のゾーニング・考え方

こちらが設備などの条件を考慮した店舗設計する上で非常に重要になるゾーニングです。
今回のエステサロンのスペックは下記になります。

・待合
・カウンセリングルーム
・施術室×5
・シャワーユニット×2
・パウダールーム
・スタッフルーム

エステサロンの部屋の配置の考え方

図面の右下に排水があり、床上げスペースを最小限にするため、その周辺に電気温水器やシャワーユニットなどの水廻りを設置しなければなりません。そのため、左から水廻り・施術部屋・カウンセリングルーム・待合・スタッフルームという順番の考え方になります。また施術部屋を可能な限り多く取るために図面を横切るように通路を配置し、その左右に各部屋を配置しました。施術部屋は通常より少しコンパクトですが、お施主様のご希望通りの部屋数も確保できました。

エステサロンのイメージCG

こちらがお施主様にご提案した店内のデザインイメージです。女性専用のエステサロンということもあり、お施主様からビンクと白を基調とした女性らしい雰囲気をご希望されていました。建具やメインのデザインに白いモールを多用し、クラシカルなヨーロピアンスタイルをベースに、ポイントで女性らしい輸入クロスを使った可愛くてエレガントな店内のイメージになります。あと少し色の付いた装飾用のミラーをポイントで使用し、決して広くない店内を少しでも広く見せる工夫をしています。

今回は工事の途中が抜けており、最終の仕上げ段階になります。

芦屋のエステサロンのエントランス

こちらが待合の写真になります。白のモールの中はブロンズミラーを面取りして分割張りしております。折上げ天井の中央には空間に合わせた小ぶりなシャンデリアを配置しております。左の折戸は収納庫になります。

芦屋のエステサロンの施術室

こちらが施術部屋になります。正面には姿見を配置し、左の白のモールの中の左右にはフランスから取り寄せた壁紙を貼っています。中央の装飾モールにはお店のおロゴを貼る予定です。

芦屋のエステサロンのボディルーム

こちらも施術部屋になります。こちらには部屋の隅に小さい手洗いを設置しました。先程の施術部屋の壁紙とは雰囲気が変わり、ピンクのストライプの可愛い輸入壁紙を貼っております。また全ての施術部屋には調光付きのダウンライトを設置しております。

芦屋のエステサロンの通路

こちらが各部屋への動線となる通路になります。こちらも正面に装飾されたブロンズのミラーを張り、空間を広く見せる工夫をしております。各部屋の扉横には案内表示板を造作し、そこにブラケットライトを配置しております。高級ホテルのようなラグジュアリーな空間を演出しております。

エステサロンの脱衣室・更衣室

こちらがシャワーユニットの前室にあたる脱衣室になります。姿見の上には送風機を取り付けてあります。今回は20坪にシャワーユニットが2台と、スペース的に厳しい条件でしたので、0808タイプの小ぶりのシャワーユニットにしております。

以上芦屋のエステサロンの工事の様子です。ご依頼から竣工まで、準備期間が1ヶ月半、工期が約1ヶ月半の3ヶ月で終了しました。間ゴールデンウィーク期間もあったので、実質もうし少し短いと思います。当初予定していた予算より少しオーバーしましたが、お施主様に満足して頂ける仕上りで大変やりがいのある仕事でした。

今からエステサロンの開業・新店・改装をお考えのお施主様一度ご相談下さい。エステサロンの店舗設計・店舗デザイン・内装工事に携わるプロとして親身になってアドバイスさせていただきます。お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせ

trico