店舗デザイン

スポーツジムの着工・墨出し | 芦屋市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィットネスジムの内装工事

芦屋のスポーツジムが着工しました。2月から1ヶ月半の工期で3月の中旬に引き渡しになります。ご依頼から着工までタイトなスケジュールでしたが、なんとか3月中旬の竣工に間に合わせれる工程が組めました。

前回の記事はコチラ

今回のスポーツジムは会員制の24時間利用可能なスポーツジムになります。24時間フル可動のスポーツジムなので、通常のスポーツジムに比べ比較的大掛かりな設備工事が必要になります。また、広いフィットネスエリア以外にロッカールームは勿論、シャワー設備やコンディショニングルームまで完備されており、大掛かりな間仕切り工事も必要になります。それに加え、女性目線のエステサロンのような凝った内装のデザインを予定していますので、少しの時間のロスも許されない工事となりそうです。あと今回は内装の仕上にデザインされたスポーツジムオリジナルのグラフィックシートを多様したいと考えてます。グラフィックシートのデザインも1からの作成となりますので、工事と並行しながらデザイン業務にも追われそうな予感が…します。当たり前ですが、良い店作るにはどれも必要不可欠なので前進あるのみです。

フィットネスジムの店舗デザイン

この写真は、今までの現場のブログでもよく紹介してる墨出しの光景です。平面図を基に現場の床に間仕切りの位置を出していきます。この墨の位置が、全ての工事の基準の線になるので非常に重要な作業になります。オーナー様には実際の墨出しの位置を確認していただき了承を得た後に工事が開始されます。

フィットネスジムの設備工事

この写真は、空調と換気のコア抜きの作業風景です。24時間フル可動ということもあり大掛かりな空調と換気設備が必要のため、既存のスリーブでは賄えず、今回新たに追加でコア抜きしました。当たり前ですが、既存の鉄筋を傷つけないようレントゲンで確認後、建物の強度に支障がない場所にコア抜きしています。

フィットネスジムの空調工事

これがコア抜きでくり抜かれたコンクリートの壁です。綺麗に丸くくり抜かれたコンクリートのカタマリはなんとも気持ちいいです。コンクリートのなかにガラが含まれてるのが見てわかりますね。

フィットネスジムの消音マット

この写真はジムの床に敷く、振動や騒音や衝撃を吸収するマットです。サンプルを実際の現場に設置し実験している光景です。厚みや素材により吸収率も大きく変わります。24時間運営なので騒音の面などを考慮し慎重に選定したいと思います。

trico