集客

効果的に集客するために知っておきたい4つのパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗を運営するにあたり、最大の難関はお客様の確保です。アクセスもよく、サービスが行き届き、完璧な店構えでもお客様に来ていただかなくては経営は成り立ちません。お客様をパターン別に分類した、効果的な集客方法をご紹介します。

目 次
  1. 4つのお客様パターン
  2. パターン別集客方法 A-新規顧客
  3. ・今すぐ来て欲しい”新規顧客”
    ・いつか来て欲しい”新規顧客”

  4. パターン別集客方法 B-既存顧客編
  5. ・今すぐ来て欲しい”既存顧客”
    ・いつか来て欲しい”既存顧客”

  6. まとめ

4つのお客様パターン

まず、どんなお客様かわからない「A-新規顧客」と、どんなお客様かわかっている「B-既存顧客」の2つに分けます。さらに「1-今すぐに来て欲しい顧客」と「2-いつか来て欲しい顧客」に分け、4つのパターンを作ります。そこから、それぞれに合った集客方法を見つけていきましょう。

効果的に集客するために知っておきたい4つのパターン

パターン別集客方法 A-新規顧客

今すぐ来て欲しい”新規顧客”

お店の認知度を高めつつ、短期間のうちに来店してもらいたいお客様です。一番難しいターゲットです。不特定多数の人に訴求する為には広告、フリーペーパー誌等が効果的です。

いつか来て欲しい”新規顧客”

将来の来店を見込んだお客様です。相手が見えない分、コストがかかりますが、やはり多くの人に認知してもらう為には広告、フリーペーパー誌等が効果的です。

パターン別集客方法 B-既存顧客編

今すぐ来て欲しい”既存顧客”

既にコンタクトが取れているお客様です。個々に訴えることが可能な為、DM等が効果的です。ターゲットが絞られているのでコストも抑えられます。セールやキャンペーンといったタイムリーな情報も活用して、リピーターとして定着させましょう。

いつか来て欲しい”既存顧客”

既にコンタクトが取れているお客様です。長期的にアプローチを行い、確実なリピーターになるよう仕向けます。個々に訴求するDM等が効果的です。

まとめ

とりあえずどんなお客様でも構わないと出発するのではなく、今店舗に必要なのはどのようなお客様なのか把握しましょう。お客様の性質に合った集客方法を見つけることで、より効果的なアプローチが可能になります。

失敗しない開業準備!6ヶ月(半年)前からのタイムスケジュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
trico