店舗デザイン

お客様を自然とひきつける店舗創りの4つのポイント!外装デザイン編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お客様を自然とひきつける店舗創りの4つのポイント!外装デザイン編

お客様がお店に入店するのには必ず理由があります。街歩きをしていて、たくさんのお店がある中で以前から気になっている店がある、ふらっと立ち寄ってしまう店があるなど、無意識のうちにお客様を引きつけている場合の多くは外観、外装デザインに魅力があると言えます。何気ない出会いが長い付き合いになることがあります。お客様を自然とひきつけるお店創りの4大ポイントをご紹介します。

目 次
  1. 他のお店にはないオリジナルの個性
  2. お店のコンセプトに適した色使い
  3. ひと目で内容がわかるデザイン
  4. 周辺環境とのバランス
  5. まとめ

1. 他のお店にはないオリジナルの個性

他店との差別化をはかるには、個性的で独創的なデザインであることが重要です。パッと目を引くインパクトがあると効果的です。ただし、目立たせることが目的の看板デザインとは異なります。目を引くだけでなく、外観全体を使って印象に残る演出をします。思わず中を覗いてみたくなるような雰囲気にしましょう。

2. お店のコンセプトに適した色使い

基本的には明るい色使いにしましょう。一般的に賑やかな印象を与えると入店しやすいとされていますが、色だけで目を引かせたり、過度の演出は厳禁です。高級路線や大人っぽい雰囲気を演出する場合なども、落ち着いた色合いが好ましいでしょう。清潔感持って、お客様に好感を持っていただけるようにします。

3. ひと目で内容がわかるデザイン

どのようなお店であるかパッと見てわかるようにしましょう。何をやっているかわからないお店にお客様は呼び込めません。不信感を与えてしまいます。お店の内と外でギャップがあるのも混乱する原因となりますので、注意してデザインしましょう。

4. 周辺環境とのバランス

自店の目指すデザインが出店するエリアとマッチしているか見直してみましょう。いくらコンセプトをうまく表現できていても、周辺環境とのギャップがあっては集客にはつながりません。ミスマッチで目立っても、あまり良い印象はもたれないでしょう。エリアにマッチしながら、独自のデザインで他店との差別化を目指しましょう。

5. まとめ

4つのポイントを押さえて、実際に街を歩いてみましょう。いくつかの出店候補エリアを散策することをお勧めします。エリアによって街のカラーがあり、目に止まった店にはどういう風にポイントが反映されているか調査してみましょう。街を歩くと必ず新しい発見があります。写真におさめたりして、研究材料にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
trico