店舗デザイン

制作の流れ | 店舗デザイン・設計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗デザイン・店舗設計とは、物件の広さや設備条件を考慮した上で、お客様の要望の合わせたお店づくりをすることです。業務の内容としては、内装の図面や仕上(素材)の選定、造作家具図から、外装のデザインやサイン(看板)関係までと幅広く、専門的な知識を要します。開業後の業績にも大きく影響する点からも、今ではお店創りには欠かせない存在になっています。ここでは、店舗デザイン・店舗設計の業務の流れから詳細な内容までご説明いたします。

目 次
  1. お問い合わせ
  2. ヒアリング
  3. 現地調査
  4. プレゼンテーション
  5. 基本設計
  6. 実施設計
  7. ご契約
  8. 関係行政への事前協議
  9. 近隣へのご挨拶
  10. 着工
  11. 設計監理
  12. 竣工検査・お引渡し
  13. アフターフォロー

1.お問い合わせ

メール又は電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。大まかなご要望を伝えていただき、顔合わせの日時を決定いたします。

2.ヒアリング

お客様とお会いし、ご要望(業態/規模/予算/イメージ/スケジュール等)をヒアリングいたします。tricoでは予算内でお客様のご要望を満たした最高のお店を作ることが大切だと考えておりますので、どのような些細な事でもお客様思い描いているビジョンをお聞かせ下さい。また、店舗デザイン・店舗設計や工事などで、疑問点などありましたらお気軽にご質問下さい。
※ヒアリングと現地調査は同日にさせていただくことがあります。

3.現地調査

開業予定の物件を内覧し、設備状況(水道・電気・ガス等)や内外装の状態を確認します。ご希望の物件が開業予定の業種や形態に適しているのか、専門的な観点から調査させていただきます。設備状況により不可能な業種もございますので、必ず物件の契約前にご相談下さい。

4.プレゼンテーション

ヒアリングと現地調査の内容を基に、平面図とイメージ写真・イメージパースをご提案いたします。弊社で店舗デザイン・店舗設計だけでなく、施工もご依頼される場合は概算の工事見積も一緒にご提出いたします。その際に気になる点や不明点があれば、お気軽にご質問下さい。

5.基本設計

店舗デザイン・店舗設計の正式なご依頼後、基本設計に入ります。基本設計とはお客様との打合せで意思疎通を図るための図面を指します。いわば”お客様のための図面”です。お客様と打合せ重ね内装の詳細な仕様を基本設計の図面に反映していきます。ご予算と見積もり金額に開きがある場合は、ここで設計や仕様の変更を行います。

6.実施設計

基本設計が決定後、実施設計に入ります。実施設計とは各専門業者との打合せで意思疎通を図るための図面を指します。いわば”業者のための図面”です。各専門業者と打合せを重ね工事に必要な情報を図面に反映していきます。

7.ご契約

ご提示した設計内容と工事金額にご納得いただけましたら、ご契約となります。

8.関係行政への事前協議

消防局や保健所などの関係行政と事前打ち合わせを行います。提出書類の関係でお客様の捺印が必要な場合もございます。

9.近隣へのご挨拶

工事着工前には必ず近隣の住民様や店舗様に工事のお知らせを兼ねて、ご挨拶に廻ります。

10.着工

実施の設計図面と資料を基に工事を開始いたします。工事中は必ず現場監督を在中させ、工事が円滑に進むよう現場管理を行います。

11.設計監理

基本設計の図面通りに工事が進行されているか、工事に遅れはないか、手抜き工事はないか等、工事中の物件の監理を行います。問題や何らかのトラブルがあった場合は、施工業者に的確な指示を行います。

12.竣工検査・お引渡し

お客様と一緒に工事の仕上りや電気・水道・ガスの各設備機器の始動チェックをし、不具合がないか確認していただきます。不具合や問題がある場合は早急に対処し、その後お引き渡しとなります。

13.アフターフォロー

引渡し後の様々なご要望やメンテナンス等のアフターフォローもお任せ下さい。OPEN後も、末永く良いお付き合いをさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加