開業準備

理解しにくい内装工事見積書の内訳を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
難しい工事見積書の内訳を徹底解説

工事の見積書は、項目が細かく分類されており、普段見慣れない方には特に難解です。
工事や契約のトラブルを回避するためにも、各項目の内容をしっかり理解し把握しましょう。

目 次
  1. 仮設工事
  2. 解体工事
  3. 軽鉄・ボード工事
  4. 木工造作工事
  5. 建具工事
  6. 造作家具工事
  7. 電気設備工事
  8. 給排水設備工事
  9. 空調設備工事
  10. 換気(給排気)設備工事
  11. 衛生設備工事
  12. 金属工事
  13. ガラス工事
  14. 左官工事
  15. 塗装工事
  16. タイル工事
  17. 内装仕上(装飾・表装)工事
  18. サイン工事
  19. 雑工事
  20. 設計費
  21. 設計監理費
  22. 諸経費(現場管理費・一般管理費)

1.仮設工事

仮設工事とは、工事をスムーズに進行するための準備や一時的な施設・設備のことをいいます。基本的には、完成後に形として残らないもので、一般的には足場・養生・仮設電気・仮設水道・仮設トイレ・現場清掃などをいいます。特に建物から建てる場合は、現場の場所や周辺環境などで費用が大幅に変わる場合があります。

2.解体工事

解体工事とは、建物の取り壊し工事のことをいいます。一部の壁や天井の取り壊しも解体工事に含まれます。管理会社や貸主に物件を返却する際の原状回復作業にも解体工事は含まれます。

3.軽鉄・ボード工事

軽鉄・ボード工事とは、簡単にいうと建物内の壁と天井を造作することをいいます。LGSといわれる軽量形の鋼で、壁や天井の骨組みを作り、そこに石膏ボードやコンパネを貼っていく工事です。以前では、大工が木材で骨組みを造作するのが主流でしたが、近年では工事のスピードや防火性や価格面で、LGS(軽量形鋼)の使用に変わってきています。

4.木工造作工事

木工造作工事とは、建物内の壁・天井・床・階段はもちろん、装飾モールやパネルなど、木材を扱う大工工事のことをいいます。壁・天井の骨組みをLGS(軽量形鋼)ではなく、木材で造作する場合はこの項目に含まれます。

5.建具工事

建具工事とは、建具(ドア・窓)を取付ける工事のことをいいます。建具の材質により、項目を分類する場合は、金属建具工事、又は、木製建具工事となります。

6.造作家具工事

造作家具工事とは、特注家具(オーダー)の制作から取付工事のことをいいます。家具以外にも、現場ではなく工場で制作される造作物は造作家具工事に含まれます。

7.電気設備工事

電気設備工事とは、建物内外で電気を使用するための配線工事や設置工事のことをいいます。一般的には、コンセント・照明・アンテナ類の配線取付工事や電気温水器の設置工事が含まれます。

8.給排水設備工事

給排水設備工事とは、建物内外での給水・給湯・排水設備、給排水の浄化装置の設置工事のことをいいます。一般的には、浴室・トイレ・手洗・厨房などで使用する、水道の給水と排水の工事が含まれます。

9.空調設備工事

空調設備工事とは、エアコンなどの空調設備の設置工事のことをいいます。店舗では天カセ(天井カセット型エアコン)、住宅ではルームエアコンの設置が一般的です。

10.換気(給排気)設備工事

換気設備工事とは、建物内外の外気と内気を入れ換えるための設備工事のことをいいます。一般的には、換気ファンや給気ファンの取付からダクトの取付工事まで含まれます。

11.衛生設備工事

衛生設備工事とは、洗面器・便器・浴槽などの衛生器具の設置工事のことをいいます。給排水設備工事は、水が通る菅の工事で、衛生設備工事はそれを使用するための器具の設置工事です。

12.金属工事

金属工事とは、アルミやステンレスたスチール等を使った特注品(オーダー)の制作から取付工事のことをいいます。屋根・階段・手摺・門扉・内外装金属パネルなど、金属で制作されている製品が幅広く含まれます。

13.ガラス工事

ガラス工事とは、ガラスを加工して開口部・天井・壁・間仕切りなどにガラスを取付ける工事のことをいいます。小規模物件や住宅の場合は、ガラスの取付工事が建具工事に含まれる事があります。

14.左官工事

左官工事工事とは、壁や床にモルタル・漆喰・プラスター・繊維等をこて塗り・吹き付け・貼り付ける工事のことをいいます。店舗では、珪藻土を使った職人の手による風合いある仕上がよく使用されます。

15.塗装工事

塗装工事とは、塗料・塗材等を工作物に吹付け・塗り付け・貼付ける工事のことをいいます。一般的には、内外装の壁面・天井・床の仕上や、造作物の木部・鉄部に施される事が多いです。

16.タイル工事

タイル工事とは、内外装の壁・床の仕上ににタイルを貼る工事のことをいいます。キッチン・浴室・洗面・トイレなど、水廻りに施される事が多いです。工事業者によっては、タイル工事は内装仕上工事に分類されることもあります。

17.内装仕上(装飾・表装)工事

内装仕上工事とは、天井・壁・床に木材・石材・ビニール材などを用いた最終の仕上工事のことをいいます。一般的には、壁紙・タイル(石・ビニール)・カーペット・畳・襖などの工事が含まれます。

18.サイン工事

サイン工事とは、お店の店名や広告をピーアールする看板工事のことをいいます。グラフィックシート・カッティングシート・カルプ文字・アクリル切文字などがよく使用されます。

19.雑工事

雑工事とは、上記で説明したどの項目にも分類されない内容の工事のことをいいます。一般的には棚・カーテン・備品などの取付から、補修工事まで幅広く含まれます。

20.設計費

設計費とは、図面・イメージパース・仕上選定など工事に必要な資料の作成費用のことをいいます。また工事の内容によっては、見積査定から各種申請業務も含まれます。

21.設計監理費

設計監理費とは、設計者が工事現場で工事の進行状況や図面との照合を行う確認費用のことをいいます。お客様の意向を工事に反映するために、現場で工事業者に直接指示を行う費用も含まれます。

22.諸経費(現場管理費・一般管理費)

諸経費とは、現場管理費と一般管理費を合わせた費用のことをいいます。現場管理費(人件費・交通費・通信費など)から、一般管理費(工事業者の事務所経費など)まで、工事に必要な様々な経費が含まれます。

※各項目の名称は工事業者や工事内容により異なる場合がございます。

失敗しない開業準備!6ヶ月(半年)前からのタイムスケジュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
trico