開業準備

絶対失敗しない上手な物件選びに必要な3つの基礎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶対失敗しない上手な物件選びに必要な3つの基礎

物件選定は開業後の売上を大きく左右するもっとも重要なポイントです。
物件により引渡し条件や設備条件は様々で、初期投資費用にも大きく関わってきます。
安易に物件を決めてしまい、開業後に後悔しないよう時間をかけて慎重に選定しましょう。
特に初めての開業する方は、経験者のアドバイスに耳を傾ける事も大切です。

目 次
  1. 出店エリアの選定
  2. 物件の選定
  3. 物件の種類

1.出店エリアの選定

お店のコンセプトやターゲット層を明確にし、理想のエリアを絞りましょう。
初めて開業される方はついつい夢や憧れが先行し、人気のエリアを選びがちです。
開業後の資金繰りも考え、トータル的にバランスの取れたエリア選定を心掛けましょう。

POINT!!
人気エリアから1ブロック離れるだけで家賃が大幅に下がる事もよくあります。

2.物件の選定

いかにお店のコンンセプトに合った理想の物件を探すかが鍵になってきます。
そのためには、より多くの物件情報を得る事が大切です。
ではその多くの物件情報を得るにはどうすればよいのでしょうか。

物件選定する4つの方法

  • 不動産屋を回る
  • インターネットで物件情報を検索
  • 情報誌で物件情報を探す
  • 希望エリアを探索する

上記のようにあたり前で地道な行動が、物件選びの近道になる場合が多いです。
特に希望エリアの探索はターゲット層のリサーチも兼ねる事ができ、一石二鳥です。
また、物件情報を多く得る事で家賃相場が把握でき、不動産交渉もしやすくなります。
自分で見て歩いて得る情報は、様々な場面で役立つでしょう。
奇跡的に掘り出し物件が見つかるなんて事はそうはありませんので、時間に余裕を持って物件探しをする事がが大切です。

POINT!!
水道・電気・ガスの状態により、業種によっては工事ができない物件があります。
必ず契約前に専門業者に現地調査してもらいましょう。

3.物件の種類

お店を営業するにあたり、物件の種類は大きく分けて2種類あります。
それぞれのメリット・デメリットを把握し、物件選定の参考にしましょう。

スケルトン物件から探す

スケルトン物件とは、一般的に何もない状態の物件・テナントをさします。

◎ 自由度が高く、思い通りの内装ができる。
◎ 物件の条件及び施工次第では「居抜き」物件より安価にできる。
× 1から作るためコストが高くなる。
× 工事が長期間におよぶ。

居抜き物件から探す

居抜き物件とは、前の出店者が設備や什器を残して出て行った物件のことです。

◎ 空調機等設備がそのまま使用できる。
◎ 設備、レイアウトをそのまま使用することで、工事費を安価に抑えられる。
◎ 工事が短期間ですむ。
× 残された設備がお店に合わない。
× 不要な設備の取り外しや撤去に費用がかかる。

POINT!!
居抜き物件だからといって工事が安くなるとは限りません。
事前に要望を伝えた上で、専門業者に現地調査してもらいましょう。

失敗しない開業準備!6ヶ月(半年)前からのタイムスケジュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加